• トップページ
  • FPの無料相談とは?
  • 法人保険の活用法
  • 法人保険の豆知識
  • 保険マンモスについて

お客様の声 法人保険の無料相談をご利用いただいたお客様の声

お客様/ご経営者の声

景気が良い時期に、個人的や取引先のつき合いで、経費で落とせるタイプのものを沢山加入していました。最近は仕事が大幅に減り経費で落とす意味もほとんどない状況であるのに、つき合いもあるので整理できないまま保険料が大きな負担となっていました。

今回、必要な保障額を計算し、借入の担保・退職金準備・運転資金等と目的別に最適な保険を選び、以外は解約・払込を止める(失効)などとしました。

結果、月で63万円の保険料をカットできました。今期、従業員の退職が数名あったので退職金でマイナスとなっており、運転資金の確保に苦労していたところに、解約した戻り金が相当あったので非常に助かりました。
つき合いで中々切りだせなかった保険の整理も、「ファイナンシャルプランナーによるコンサルティングで仕方なく整理」ということで話もしやすかったのも助かりました。

自分では時間も知識もないので、「やらなくちゃ」と思っていても放置していいた加入保険の整理。お金を払ってお願いするのも、もったいない気がしたいので「無料保険相談」を見つけてサイトを閲覧しました。内容もしっかりしていて客観的な視点のコンテンツで信頼できるサイトだったので申込みしました。

まず保険分析をしていただき、加入保険の内容も十分理解できていない状態でしたので非常によくわかりました。帳簿外の積立のピークと必要な時期のアンマッチ、必要保障額の精査と満足できる分析でした。

今期末の決算月に収益状況を見た上で、保険の入れ替えをお願いする予定です。

昔からのつき合いのN生命、病院と車の保険をお願いしていた代理店さんの生保に加入していましたが、正直言って支払が厳しい状況でした。

医院改修の借入金も残っているので、経営者として万が一の場合の必要な保障は確保しておきたいですが、今は保険料をとにかく安くして負担を減らしたいと考えていました。

顧問税理士も保険を扱っていますが、1社だけなので商品を選べないところ、保険マンモスのFPさんは複数社の提案でより条件の良いものを選択でき、煙草をすわない保険割引で随分安く加入することができました。

月43万あった負担が7万円となり、何を節約・経費削減するより効果が大きかったです。

実は、会計事務所から提案されていた節税対策保険のチェックをしてもらおうと無料相談を依頼しました。しかし、FPに話を聞いてみると、税理士・地元の保険代理店からは聞いたことのない視点からのアプローチだったので驚きました。

結局、保険を全て整理してもらい、1年で200万円超の効率化を実現できました。保険に税務は勿論、幅広い知識を持っていることにも驚かされました。

FPとして独立してやっているだけのことはあると気に入り、以降は個人の運用などでも相談にのってもらっています。

創業者である会長の勇退時に、相応の退職金を準備したいと考えていたところ「無料相談」と「保険のプロ、ファイナンシャルプランナー」という言葉が目に入ってきて、半信半疑でしたが申し込ん でみました。

最初にビックリしたのは、保険会社毎の商品の差でした。保険会社数社の有利なものを、勇退年度に合わせてプラン作成することができるので、最後は会長も交えて事業計画を一緒に考えてもらった感じでした。

父(創業者・現会長)への感謝と自身の退職金の準備も同時に始めることができました。しかも、節税できる額も総額でみると大きなもので、もっと早く始めなかったことを後悔したほどです。

業界の黎明期からスタートし、トレンドに乗って順調に業績を伸ばしてきました。今期も堅調ですが、個人も含め競合も増えてきたので、将来のために何か準備できないかと考えていました。

最初に、顧問税理士に相談してみましたが、会計事務所提携のD生命のみの提案でした。あまり納得できなかったので、ネット上で以前より評判を目にしていた「保険マンモス」に相談してみました。保険の素人の私に、保障の考え方、保険の税法上のメリットなどを丁寧に説明してくださったので、しっかり理解できました。

経営者保障と退職金を兼ねたもの、事業資金を将来のためシフトするものと目的別に満足いく保険を提案していただきました。しかも、複数社の中から良い商品を組合せた”いいとこ取り”のプランでした。

(創業者・現会長)への感謝と自身の退職金の準備も同時に始めることができました。しかも、節税できる額も総額でみると大きなもので、もっと早く始めなかったことを後悔したほどです。

無料保険相談のお申込みはコチラ!

このページのTOPへ▲