• トップページ
  • FPの無料相談とは?
  • 法人保険の活用法
  • 法人保険の豆知識
  • 保険マンモスについて

法人保険にまつわるコラム 企業経営と生命保険に関するお役立ち情報をお届けするコラム

保険金、一括で受け取るか?年金で受け取るか?

法人保険では保険金を受け取る場合に、一括で受け取るか、年金で受け取るかを選択しておくことが重要です。

例)

M社では、社長に万一のことがあって次期社長が事業を引き継いだ場合に、次期社長の信用が得られて事業が安定するまでの数年間の運転資金を確保するため、生命保険(C生命)に加入しています。

ここで不幸にも社長が死亡して、保険金を受け取ることになった場合

(1)生命保険金を一括で受け取ると・・・・

例えば、保険料を全額損金計上できる定期保険の場合、保険金全額が益金に計上され、本来翌年以降の運転資金に残しておきたい部分も含めて多額の税金がかかってくることになります。

そうなると、翌年以降に必要な資金が不足することになりかねません。

そこで

(2)生命保険を年金で受け取ると・・・・

各事業年度毎に、その都度、必要な資金を受け取ることができ、受け取った資金もその年のうちに使用すれば(損金と相殺すれば)税金もかかってきません。

ワンポイントメモ

事前に年金で受け取る契約をしている収入保障保険、年金払特約付の保険の保険金等を年金で受け取る場合、年金は受け取りの都度、その年の益金に計上することができます。(受け取り初年度に一括して益金計上することも可)

上記例のように、保険金を一括で受け取るか、年金で受け取るかという受け取り方の違いが、会社の存続に影響を及ぼすこともあります。どのような目的で保険に入っているのかを踏まえ、利用目的にあった保険金の受け取り方を選択しておくようにしましょう。

一括受け取りが良い場合
役員退職金(死亡退職金含む)、大規模な設備投資資金など多額の支出に備えるとき

年金受け取りが良い場合
事業承継等での事業安定化のための補助資金など、継続的に資金が必要となるとき

このように、保険金の受け取り方(一括か、年金か)を利用目的にあわせてしっかり決めておくことはとても大切です。

また、年金払特約を付加できる時期や年金の受取期間は、保険会社によって違ってきます。保険を選ぶ時には、保険料の比較だけでなく、このような特約の内容についても十分に比較検討することが大切です。

法人保険の無料相談

保険マンモスの面談へのこだわり

以前は、Eメールや電話での無料相談も行っていました。しかしながら、結局、効果的なアドバイスができないことが多く、同時に、面談したご経営者からは「会って話して良かった」「わかりやすかった」などのご評価の声を多数いただきました。

このページのTOPへ▲