• トップページ
  • FPの無料相談とは?
  • 法人保険の活用法
  • 法人保険の豆知識
  • 保険マンモスについて

法人保険を賢く使うコツ(一問一答) 法人保険を上手に活用するための疑問にお答えします。

賢く使うコツ

役員報酬ではなく退職金にするメリットは?

退職所得は控除額が大きく、分離課税で課税所得も1/2になるため税額がおさえられます

退職金は、給与など他の所得と分離して退職所得として課税されます。退職所得には退職所得控除があり、勤続年数に応じた金額が所得から控除されます。

法人税課税控除の計算式

さらに、他の所得とは合算せず、控除後の額の1/2が課税対象となります。

勤続30年の方が5,000万円役員退職慰労金を受け取った場合

したがって現在の役員報酬が高額の方は、決算利益で役員報酬を増やすより、退職金として受け取った方が手取り額が多くなるわけです。

また、簿内で役員の退職金の積み立てをする場合は課税の対象になります。損金性のある保険を使うことでWのメリットを享受できることになります。

※役員退職金が損金で認められる額は、計算の目安はありますが業種・就任年数・地域などによって異なります。準備する額にについてはFPにご相談いただければご安心いただけます。

このページのTOPへ▲