• トップページ
  • FPの無料相談とは?
  • 法人保険の活用法
  • 法人保険の豆知識
  • 保険マンモスについて

法人保険の活用法 企業にとって有効な保険の活用法をご紹介いたします。

借入金のご返済カーブにあった保険で大幅コスト削減

ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

生命保険で大幅コストカットのケーススタディ:例)社長45歳 男性 借入金3億円 返済期間20年 第二創業期に新規事業の設備投資資金として借入をされ、その保証として保険にご加入されているとします。

どのような保険に加入されているのでしょうか? こんな四角形の保険をイメージされるのではないでしょうか?あるいは、現在ご加入の保険はこんなタイプのものでは? しかし、実際のご返済シュミレーションは 債務保障/質権設定

借入総額 3億円 月々のご返済額1,500,660円(金利1.88%) ローン残 50歳時:235,213,875円 55歳時:164,047,680円 60歳時:85,873,113円

それぞれのイメージを実際の生命保険の場合で比較してみると・・・

定期保険:総払込保険料41,616,000円 逓減定期保険:総払込保険料18,910,080円 高額の差に驚かれたかもしれません。(タバコを吸われない方、ご健康に自信のある方は、更に保険料が安くなります。)

標準体・非喫煙優良体・健康体とは

収入保障保険とは?

無料FP相談をおすすめするポイント

保険マンモス ファイナンシャルプランナーにご相談いただくメリット

  • ●無料でご相談いただけます。

    保険マンモスは、各提携FP等よりコンサルタント手数料等をいただいております。 ですから、保険相談をご利用いただく皆様には一切費用が発生しない仕組みです。

  • ●経営上の関係者には“しにくい話”を安心してお話しいただけます。

    「身内には知られたくない」、「顧問税理士に相談するといろいろなものを勧められる」など、 お一人で考えたいというご経営者の方でも、独立したFPなので、安心してご相談いただけます。

  • ●保険ご加入後も、アドバイス・見直しのお手伝いをいたします。

    保険による退職金準備は、法人税の課税・個人への課税・社会保険料を軽減する対策であるといえます。 ですから、刻々と変化する事業環境や税制変更等に対応して賢く使うことがメリットを享受できる秘訣です。 お金の専門家であるFPなら、保険ご加入後も随時、アドバイスや見直しのお手伝いが可能です。

法人保険の無料相談

保険マンモスの面談へのこだわり

以前は、Eメールや電話での無料相談も行っていました。しかしながら、結局、効果的なアドバイスができないことが多く、同時に、面談したご経営者からは「会って話して良かった」「わかりやすかった」などのご評価の声を多数いただきました。

このページのTOPへ▲