• トップページ
  • FPの無料相談とは?
  • 法人保険の活用法
  • 法人保険の豆知識
  • 保険マンモスについて

法人保険の活用法 企業にとって有効な保険の活用法をご紹介いたします。

法人保険の見直しのコツ

ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

1)保険として、ご経営者の死亡保障がご勇退時まで準備。2)退職金の税制優遇により、低い税率で手取り額アップ。3)保険料の損金算入で法人税の節税メリット。4)簿外での準備なので独立性確保。5)退職金支給年度に、運転資金の圧迫や赤字決算となるリスクを回避

上記であてはまるものが一つでもあれば、見直しによる効果が期待できます。
次にどのような方法や事例があるのかを見てみてください。

保険の見直しによる事業資金効率化の基本的な5つの方法

最初に精緻な保険の分析(保険証券診断)を行います。必要な保障と資金ニーズを明確にした上で、下の5つの方法を軸に保険の見直しをします。

1) 掛け過ぎ保険料をカット!

生命保険の見直しにより、掛け過ぎの保障分の保険料の支払いを減らす

2) 複数社から有利な保険をチョイス!

複数社から保険を選んで、同じ保障を安く確保する

3) いろいろなメンテナンス方法を利用!

保険を辞めたり(解約)、保障を小さくしたり(減額)して、保険から現金を戻す(解約金)

4) ニーズ合った保険に切替え!

借入のための保険(債務保証)を目的に合ったものに切替えてコスト削減

5) 財務状況に合った保険を選択!

運転資金/キャッシュフローが大丈夫なら・・・資産に計上するタイプの保険にする

オーナーご経営者であれば、法人・個人のそれぞれで税金面などで有利な加入方法とバランスで社会保険料も含めた効率的な見直しを実施する。

見直しによる資金効率アップの好事例

  • 借入金の保障目的で加入していた保険を見直して保険料を大幅ダウン!
  • 整理できずに沢山入っていた保険を分析、必要な保険のみにして保険料を大幅削減!
    (解約金が現金も戻ってきて更に運転資金が豊富に)
  • 損金の割合が高い保険から、資産計上タイプの保険に切替えて 赤字を縮小!
  • 好景気のとき加入した節税のための保険を解約して、赤字と運転資金に補填!
  • 法人・個人での加入バランスで、納税額・社会保険料をカットで手取り額アップ!

それでは、どのように見直しを進めるか?
こうした 「見直し」 や、「どの保険を、どれくらい辞めたら良いか?」
「得か損か?」など、ご自身ではなかなか判断できないものです。

生命保険の見直しを誰に頼むのが良い方法なのでしょうか?

顧問税理士事務所
「保険税務だけでなく保険活用術も詳しいようには見えない」
損害保険の代理店さん
「ゴルフ友達だから会社が苦しいところを見せたくない」
保険のセールスレディ
「相談すると、かえって高い保険や転換をすすめられそう」

よくご経営者からお聞きする声です。

そこで、保険マンモスがお薦めするのは一つの保険会社には属さず、独立した立場で、複数社(平均22社)の保険商品が取り扱いができる保険のプロ、ファイナンシャルプランナー に相談することです!

なぜファイナンシャルプランナーなのか?

保険マンモス ファイナンシャルプランナーにご相談いただくメリット

  • ●無料でご相談いただけます。

    保険マンモスは、各提携FP等よりコンサルタント手数料等をいただいております。 ですから、保険相談をご利用いただく皆様には一切費用が発生しない仕組みです。

  • ●経営上の関係者には“しにくい話”を安心してお話しいただけます。

    「身内には知られたくない」、「顧問税理士に相談するといろいろなものを勧められる」など、 お一人で考えたいというご経営者の方でも、独立したFPなので、安心してご相談いただけます。

  • ●保険ご加入後も、アドバイス・見直しのお手伝いをいたします。

    保険による退職金準備は、法人税の課税・個人への課税・社会保険料を軽減する対策であるといえます。 ですから、刻々と変化する事業環境や税制変更等に対応して賢く使うことがメリットを享受できる秘訣です。 お金の専門家であるFPなら、保険ご加入後も随時、アドバイスや見直しのお手伝いが可能です。

法人保険の無料相談

保険マンモスの面談へのこだわり

以前は、Eメールや電話での無料相談も行っていました。しかしながら、結局、効果的なアドバイスができないことが多く、同時に、面談したご経営者からは「会って話して良かった」「わかりやすかった」などのご評価の声を多数いただきました。

このページのTOPへ▲