家計&保険マンモスTOP > 保険の選び方 > 保険の基礎知識 > 

生命保険にかかる税金

生命保険にかかる税金

保険金や満期金などを受け取る時に、
税金がかかるケースがあります。

保険金や給付金を受け取ったとき、税金がかかるかどうかが気になるところです。

税金の種類は、保険金の内容と受け取り方によって異なります。 主な税金として、相続税、贈与税、所得税があります。

死亡保険金にかかる税金

死亡保険金を受け取ると、契約者、被保険者、受取人の関係によって相続税、贈与税、所得税がかかってきます。

課税例

契約者
(保険料負担者)
被保険者 受取人 税金の種類
妻・子 相続税
※非課税枠あり
相続人以外の人 相続税
※非課税枠なし
所得税
・一括受取 → 一時所得
・年金受取 → 雑所得
贈与税

リビングニーズ特約では、死亡保険金の一部を生存時に受け取ることができますが、この保険金は金額の大小によらず全額非課税となります。

ただし、被保険者が死亡した時点で未使用の金額があった場合には、未使用額に相続税がかかってきます。

医療保険給付金にかかる税金

医療保険の給付金として代表的な入院給付金や手術給付金は、受け取る金額に関わらず非課税となります。また、病気やけがが原因で給付される高度障害保険金や特定疾病保険金なども非課税です。

非課税となる給付金の例

入院給付金、手術給付金、通院給付金、高度障害保険金など。

満期保険金にかかる税金

満期保険金を受け取ると、契約者と受取人の関係によって、所得税、贈与税がかかってきます

課税例

契約形態 税金の種類
契約者=受取人 所得税
・保険期間が5年以内→源泉分離課税
・保険期間が5年超→一時所得
契約者≠受取人 贈与税

お金を貯めるつもりでも、高い贈与税がかかると、貯蓄的な意味は薄れます。契約形態には十分注意しましょう。

個人年金保険金にかかる税金

個人年金保険の年金を受け取ると、契約者と受取人の関係によって所得税、贈与税がかかってきます

課税例

契約形態 契約例 税金の種類
契約者 被保険者 年金受取人
契約者=受取人 所得税(雑所得)
契約者≠受取人 ・年金の権利評価額→贈与税
・年金の運用益部分→所得税(雑所得)

契約者と年金受取人が違うと、年金受給権の取得に対して贈与税がかかりますので、注意しましょう。

無料メールマガジン申込み

ページの先頭へ