家計&保険マンモスTOP > 保険の選び方 > 保険の基礎知識 > 

解約した時に戻ってくるお金(解約返戻金)

解約した時に戻ってくるお金(解約返戻金)

保険によっては、支払った保険料から積み立てられていたお金が、解約時に戻ってきます。

保険会社は将来の保険金の支払いに備えて、保険料の中から所定の割合を積み立てています。そして保険契約を途中で解約した場合には、その積立金の一部が解約返戻金として、契約者に払い戻されます。

解約した時に戻ってくる解約返戻金

解約返戻金はすべての保険にあるわけではなく、また解約までの加入期間によって金額も変わってきます。

掛け捨てと呼ばれる定期保険では、解約返戻金は全くないか非常に額が小さく、終身保険や養老保険などのように貯蓄性の高い保険ほど額は大きくなります。

一般的には、解約返戻金はそれまでに支払った保険料総額よりも小さい額となります。(終身保険で加入期間が長期であった場合や養老保険などを除く)

解約する場合の注意点

保険は一度解約してしまえば保険金も契約も元には戻りません。
解約する場合は、以下の注意点をおさえるようにましょう。

解約する場合の注意点

  • 解約すると保険の保障がなくなってしまいます。
  • 貯蓄目的で加入していた保険を解約する場合、通常、支払った保険料総額よりも解約返戻金の額が少なくります。
  • 保険年齢が上がっている分、保険料は割高になる可能性があります。
  • 解約後、新たに同様の保険に入ろうとした場合、健康上の問題で、新しい保険に入れないということもあり得ます。

既存の保険を解約して別の保険に入り直す場合は、先に新しい保険に加入してからにしましょう。

無料メールマガジン申込み

ページの先頭へ