家計&保険マンモスTOP > 保険の選び方 > 健康保険Q&A > 

傷病手当金はどんな時にもらえるのですか?

傷病手当金はどんな時にもらえるのですか?

病気やけがで会社を休み、十分な報酬が受けられない時に支給されます!

傷病手当金

傷病手当金は、病気などで休業した場合の生活を保障するための制度です。被保険者が病気やけがで会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

※傷病手当金は、原則、国民健康保険にはありません。国民健康保険組合では実施しているところがあります。

支給条件

傷病手当金は以下の1〜4の条件をすべて満たしたときに支給されます。

1.業務外の病気やけがの療養のための休業である
病気とみなされない美容整形などは認められない
2.仕事につくことができない状態である
今まで行っていた仕事につけない状態である。
3.連続する3日間(待期)を含め4日以上休業
病気やけがの療養のために休んだ日から連続して3日間の待期の後、4日目以降の休業日に対して支給される。(待期には、土日・祝日や会社の公休日・有給休暇も含むことができる)
4.休業期間に給与の支払いがない
会社から給与が支払われている場合は支給されない。ただし傷病手当金の日額より少ない場合は、差額が支給される。(有給休暇は、待期には含めることができるが、傷病手当金の受給期間には含められない)

待期3日間の考え方

待期3日間の考え方

傷病手当金の額

支給対象となる期間、一日につき標準報酬日額の3分の2相当額が支給されます。

なお、支給期間中に報酬等がある場合は支給調整があります。報酬の日額が傷病手当金の日額より多い場合には、傷病手当金は支給されず、傷病手当金の日額より少ない場合は、支給額が調整されます。

支給調整に該当する報酬等

  • 給与等、事業主からの報酬
  • 障害年金、障害手当金
  • 老齢年金
  • 健康保険の出産手当金
  • 労災保険の休業補償給付

支給期間

傷病手当金の支給期間は、支給開始日から最長で1年6ヵ月です。
これは支給対象日の日数ではなく、暦上の1年6ヵ月です。1年6ヵ月の間に途中で復帰した期間がある場合は、その期間も1年6ヵ月に含まれます。

※掲載内容は、2013年7月時点の情報に基づくものです。制度変更等により内容が変更となる場合があります。

ページの先頭へ