家計&保険マンモスTOP > 保険の選び方 > 

保険の種類

保険の種類

生命保険会社が扱っている
保険の種類をご紹介します!

万一に備える保険

 

死亡した場合に、家族の生活を支えるための保険金を残せる保険です。

一定期間の保障

定期保険 保険期間が一定で満期金のない最も基本的な保険。いわゆる「掛け捨て」タイプの保険です。
収入保障保険 死亡保険金を一時金ではなく、年金(月額や年額)として受け取る保険です。( 「掛け捨て」タイプ)
逓減定期保険 定められた保険期間の中で、死亡保険金額がだんだんと減っていくタイプの保険です。 ( 「掛け捨て」タイプ)

一生涯の保障

終身保険 一生涯の死亡保障を確保でき、同時に貯蓄性があります。そのため、老後資金の備えとしても利用できます。
変額終身保険 契約者が支払った保険料を保険会社が運用し、その成績によって、保険金や解約返戻金の額が変動する終身保険です。

病気やけがに備える保険

 

病気やけがで入院や手術をした時などの医療費に備える保険です。

医療保険 病気やケガで入院したり手術をしたりした時に、給付金を受け取れる保険です。保障期間は定期タイプと終身タイプがあります。
がん保険 医療費が高額になりやすい「がん」に特化して手厚い保障をする保険です。保障期間は定期タイプと終身タイプがあります。
特定(3大)疾病保障保険 「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」(3大疾病)にかかった時に保険金を受け取れる保険です。

死亡、病気やけがなど総合的に備える保険

 

複数の保険を組み合わせて、いろいろなリスクに備えられる保険です。

定期付終身保険 主契約となる終身保険に、特約として定期保険や医療保障を上乗せした保険です。

貯蓄が目的の保険

 

将来、必要となるお金を貯えることが主な目的の保険です。

学資保険(こども保険) 子供の将来の教育資金の積み立てを主な目的とした保険です。商品によって、死亡や医療の保障がつくものもあります
個人年金保険 一定期間、保険料を支払っていき、決められた年齢になると年金を受け取れる保険です。
変額個人年金保険 契約者が支払った保険料を保険会社が運用し、その成績によって年金額が変動する保険です。

介護に備える保険

 

将来、介護が必要な状態になったときの介護費用に備える保険です。

介護保険 介護保険は、病気やけがなどで介護が必要な状態になった場合に、給付金を受け取れる保険です。

貯蓄をしながら万一の場合にも備える保険

 

将来、必要となるお金を貯えながら、途中で死亡した場合の保障も確保できる保険です。

養老保険 保険期間中に死亡した場合は死亡保険金を、満期まで生存していた場合は満期金を受け取れる保険です。

無料メールマガジン申込み

1分でわかる!あなたに必要な保障額
まずはネットで保険診断!(無料)
ページの先頭へ