家計&保険マンモスTOP > 保険の選び方 > 保険の種類 > 

がん保険

がん保険

がん保険は、医療費が高額になりやすい「がん」という病気に特化して手厚い保障をする保険です。

がん保険はこんな保険

  • 被保険者ががんになった時に、給付金を受け取れます。
    給付金=診断給付金、手術給付金、入院給付金等
  • 保険期間は、終身タイプ、定期タイプがあります。

特徴

がん保険は、医療保険の一種で、「がん」という特定の病気に関して保障する(治療費をサポートする)保険です。がん保険の基本的な保障は、診断給付金、入院給付金、手術給付金でこのほかに通院給付金、先進医療給付金などがあります。保険期間には、定期タイプと終身タイプがあります。

がん保険の代表的な保障

診断給付金 がんと診断されたときに受け取れます。商品によって、初めにがんと診断された時1回限りのものと、2回目以降でも受け取れるものがあります。また給付対象のがんに上皮内新生物が含まれるものと含まれないものがあります。
入院給付金 一般の医療保険と同様に入院日額○○円、と入院日数に応じて受け取れます。がん保険の入院給付金には、通常、日数制限がありません。
手術給付金 がんで手術を受けた場合に受け取れます。給付金の額は一律で決まっているものと、手術内容により段階的に変わるものがあります。通常、給付される回数に制限はありません。
通院給付金 がんで一定期間入院し、退院後に通院する場合に、1日につき○○円というかたちで受け取れます。
商品によっては、退院時に一時金として受け取れるものや、入院前の通院も対象となるものがあります。
先進医療給付金 厚生労働省で定められた先進医療を受けた場合に、給付されます。
抗がん剤治療給付金 がんの治療を目的として、所定の抗がん剤治療を受けた時に受け取れます。
がん死亡保険金 がんで死亡した場合に受け取れます。一般的にがん保険は治療費の保障が中心なので、死亡保険金は低額であるか、設定がない場合も多いです。

がん保険の検討ポイント!

がん保険の特徴は、「”がん”という病気に特化した保険」であることと、「”がん”への保障が手厚い」ことです。ただし特約等を除けば”がん”以外の病気には対応できませんので、医療保険との兼ね合いをみて優先順位や保障のバランスを考えることが大切です。

まとめ

一般の医療保険に加入した上で、がんに備えるために上乗せする形で入るのが通常ですが、治療費が高額になりがちな“がん” の保障をしっかり確保しておくためにがん保険を優先的に入るという考え方もあり、検討しておくべき保険です。

がん治療は入院日数が短く、退院後の治療が長くなる傾向にあり、保障内容も変化しつつあります。最新動向は、専門家に相談するとよいでしょう。

※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。

無料メールマガジン申込み

ページの先頭へ