家計&保険マンモスTOP > 保険の選び方 > 保険の種類 > 

逓減定期保険

逓減定期保険

逓減(ていげん)定期保険は、保険金額が段々減っていく、保険マンモスおすすめの三角の保険です。

逓減定期保険はこんな保険

  • 被保険者にもしものことがあった場合に、保険金が出る死亡保険です。
  • 保険期間は一定で、年が経つにつれて保険金が段階的に減っていきます。
  • 保険期間に何事もなければ、契約は終了します。
  • 解約返戻金は、0もしくは、ほとんどありません。

例えば、世帯主の方が死亡した場合に、残された家族にとって必要となる保障額は、今現在よりも、1年後、5年後、10年後と年がたつにつれて少なくてすみます。逓減定期は、その必要保障額の減少に合わせた三角の保険なのです。

しくみと特徴

逓減定期保険は、名称に“定期”とついているように、定期保険を応用した保険です。一般の定期保険と比較した場合、だんだん保障額が減っていく分、トータルの保障額は小さくてすむため、保険料は割安になります。

保険期間は、10年、20年などの一定期間または60歳、65歳など特定の年齢に達するまでといった入り方があります。保険金額は、設定した保険金額から年3%、年4%などの決まった割合で減っていきます。逓減の仕方は、保険商品や設定タイプによって様々です。

逓減定期保険のイメージ

保障額の推移

保険金額の下がり方については

  • 加入後、何年たってから下がり始めるか?
  • 何年ごとに、何%ずつ下がるか?
  • いくらまで下がるか?

などによって、いろいろなタイプがあります。自分にあったものを選びましょう。

逓減定期保険の検討ポイント!

逓減定期保険は、「保障額が年々減っていく」ことが最大の特徴です。ライフプランにあった経済的リスクを効率よくカバーするのに適しています。

まとめ

「子供が生まれてから独立するまでの教育費」や「夫が万一の場合、妻が自分自身の年金をもらえるまでの生活費」など、期間が決まったリスクに対して、効率的に備えられます。

高額な死亡保障に備えるのに適した保険です。ただし、必要保障額の経年変化を見積もるのは大変なので、FPに相談して加入するとよいでしょう。

※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。

無料メールマガジン申込み

【 生命保険の生きたアドバイス「定期保険編」−コラム連載中! 】

ページの先頭へ