家計&保険マンモスTOP > 保険の選び方 > 保険の種類 > 

収入保障保険

収入保障保険

収入保障保険は、死亡保険金を一時金ではなく、毎月のお給料のように受け取れる保険です。

収入保障保険はこんな保険

  • 被保険者にもしものことがあった場合に、保険金が出る死亡保険です。
  • 保険金は、(一般的に)保険期間終了までの間、年金として受け取れます。
    ※一時金としても受け取れます。
  • 保険期間は一定で、年が経つにつれて保険金が段階的に減っていきます。
  • 保険期間に何事もなければ、契約は終了します。
  • 解約返戻金は、0もしくは、ほとんどありません。

収入保障保険は、保険金を年金としてお給料のように受け取ることができる保険です。一度に高額の保険金を受け取って、思わず使いすぎてしまい、後に生活費が足りなくなってしまうなどの失敗を防ぐことができます。

しくみと特徴

被保険者が死亡すると、保険期間終了まで死亡保険金を年金で受け取れます(一時金でも受け取れる)。

保険期間の終了間際に死亡した場合は、 少しの保険金しか受け取れなくなるため、1年、2年、5年などと最低保証期間が設定されていて、最低保証分は受け取れるようになっている商品があります。

収入保障保険は、保険期間が進むにつれて、受け取る年金の総額が減っていくことになるため、逓減定期保険と同様に、遺族の必要保障額の変化にあった合理的な保険(三角の保険)といえます。(収入保障保険も定期保険を応用したタイプの保険です) 。

収入保障保険のイメージ

保障額の推移

保障額の推移

収入保障保険の検討ポイント!

収入保障保険は、「保障額が年々減っていく」ことと「保険金を年金として受け取れる」ことが最大の特徴です。ライフプランにあった経済的リスクを効率よくカバーするのに適しています。

まとめ

「子供が生まれてから独立するまでの教育費」や「夫が万一の場合、妻が自分自身の年金をもらえるまでの生活費」など、期間が決まったリスクに対して、無駄なく効率的に備えられます。

遺族のその後の生活までを考慮した保険です。ライフプランに基づいた保険設計が必要なので、FPに相談して加入するとよいでしょう。

※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。

無料メールマガジン申込み

【 生命保険の生きたアドバイス「定期保険編」−コラム連載中! 】

ページの先頭へ