家計&保険マンモスTOP > 保険の選び方 > 保険の種類 > 

特定(3大)疾病保障保険

特定(3大)疾病保障保険

特定疾病保障保険は、「がん・急性心筋こうそく・脳卒中」(3大疾病)にかかった時に保険金が受け取れる保険です。

特定(3大)疾病保障保険はこんな保険

  • 被保険者が「がん」「急性心筋こうそく」「脳卒中」になった時に、特定疾病保険金を受け取れます。
  • 特定疾病保険金を受け取ると保険は終了します。
  • 死亡した場合には、特定疾病保険金と同額の死亡保険金を受け取れます。

医療費が高額になりやすい3大疾病に備えるための商品です。

特徴

3大疾病にかかり、保険会社所定の状態になった場合に、特定疾病保険金を受け取れます。特定疾病保険金を受け取ると保険は終了します。また死亡した場合には、特定疾病保険金と同額の死亡保険金を受け取れます。

ただし、「がん・急性心筋こうそく・脳卒中」にかかった場合でも、保険会社が定める一定の状態にならなければ保険金は給付されませんので、条件をしっかり確認しておくことが重要です。

対象となる疾病状態の例

がん 悪性新生物上皮内がん、悪性黒色腫を除く皮膚がん以外の悪性新生物(がん)と診断された時。
急性心筋こうそく 急性心筋こうそくを発病し、60日以上労働の制限を必要とする状態が継続したと診断された時。
脳卒中 脳卒中を発病し、60日以上労働の制限を必要とする状態が継続したと診断された時。

※一般的な例です。実際の条件は保険会社、商品によって異なります。

保険期間が一定の「定期タイプ」、一生涯の「終身タイプ」があります。また保険会社によって単独の保険商品として販売されている場合と、他の保険の特約として販売されている場合があります。

特定(3大)疾病保険の検討ポイント!

特定(3大)疾病保険の特徴は、「“3大疾病”に特化した保険」であることです。その他の病気には対応できませんので、医療保険との兼ね合いをみて優先順位や保障のバランスを考えることが大切です。

まとめ

特定の病気の特定の状態に特化した保障なので、あくまでも、一般の医療保険に加入した上で、上乗せする保険と考えた方がよいでしょう。

単独ではなく、一般の医療保険や介護保険などとのバランスを考えて加入すべき保険です。保険の専門家に相談しながら検討しましょう。

※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。

無料メールマガジン申込み

ページの先頭へ