家計&保険マンモスTOP > 保険の選び方 > 年金Q&A > 

私が老後にもらえる年金について教えてください

「ねんきん定期便の見方」について詳しくはこちら

私が老後にもらえる年金について教えてください

昭和45年6月生まれの独身女性です。22歳で就職し、ずっと厚生年金に加入しています。60歳まで勤める予定ですが、私が老後にもらえる年金について教えてください?

現行の年金制度だと、あなたには
65歳から年金が支給されます。

老齢年金

現行の年金制度では、あなたの場合は65歳から年金が支給されます。

あなたの支給額

国民年金部分からは「老齢基礎年金」が、厚生年金部分からは「老齢厚生年金」が支給されます。もらえる年金額は以下の通りです。

老齢基礎年金 780,100円注1(平成27年4月〜、満額)
老齢厚生年金 約800,000円注2
  • 注1)20歳から国民年金に加入し、65歳まで保険料を払い続けた場合
  • 注2)平成15年3月までの平均標準報酬月額24万円、平成15年4月以降の平均標準報酬額30万円とした場合

あなたがもらえる額(これまでの加入実績に応じた額)については、「ねんきん定期便」でご確認ください。

老齢年金の支給要件額

老齢基礎年金 保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が25年以上であること
老齢厚生年金 ・老齢基礎年金の支給要件を満たしていること。
・厚生年金保険の被保険者期間が1ヶ月以上あること。

なかなか聞けない「老後の年金」

老後に必要な生活資金は、ご夫婦で最低限23.5万円(月)、ゆとりある生活をするなら36万円(月)です。お一人であれば、15万円前後となります。(H16 生命保険文化センター「生活保障に関する調査」より)どんな生活を想定するかで、準備の額や方法が変わってきます。
 
今の生活レベルを維持するには、年金だけでは足りないのですね?
 
そのとおり。今は自助努力で、いかに計画的に準備するかが重要です。つまり、資産運用や民間の年金保険・生命保険の活用を上手にすることが大切です。
 
FPさんに言われてはじめて気がつきました。でも、具体的にはどうやって準備したらいいのでしょうか?
 
ライフプランニングからしっかりとアドバイスしてくれるFPに相談すると良いでしょう。保険マンモスでも専門のFPが無料で相談に乗ってくれますよ!
 

※掲載内容は、2015年4月時点の情報に基づくものです。制度変更等により内容が変更となる場合があります。

年金にお悩みの方へのアドバイス

老後の備えは、まず公的保障を正しく知ることです。制度を誤って理解すると、老後の生活設計に支障が出ることも!
ご不安な点があれば、無料のFP紹介サービスを是非ご活用ください。

FP紹介サービスとは?

ライフプランやマネープラン、生命保険等のお悩みを相談したいお客様に、 信頼できるお金のプロ(FP)を無料でご紹介するサービスです。
もちろん、ねんきん定期便の見方などもご説明いたします!

ページの先頭へ