家計&保険マンモスTOP > 保険の選び方 > 年金Q&A > 

年金は繰り下げてもらった方が得ですか?

「ねんきん定期便の見方」について詳しくはこちら

年金は繰り下げてもらった方が得ですか?

年金は繰り下げると受給額が増額されます。しかし、その分受給期間が短くなる訳ですから、総受給額でみると一概にどちらが得とは言えません。

年金の繰り上げ、繰り下げ

老齢基礎年金の繰り上げ受給

老齢基礎年金は、原則65歳からの支給ですが、60歳から65歳になるまでの間に申請すれば、繰り上げて受給することができます。ただし、繰り上げ期間に応じて、1ヵ月につき0.5%減額されます。

減額率=0.5%×繰り上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数

以下に、繰り上げした場合の減額率を60歳から64歳まで1年刻みで示します。

繰り上げ請求年齢 減額率
60歳(0ヵ月) 30%
61歳(0ヵ月) 24%
62歳(0ヵ月) 18%
63歳(0ヵ月) 12%
64歳(0ヵ月) 6%

※減額率は1ヵ月単位で変わります。

老齢基礎年金の繰り下げ受給

老齢基礎年金は、66歳以降に繰り下げて受給することができます。繰り下げ期間に応じて、1ヵ月につき0.7%増額されます。ただし、70歳以降はそれ以上増額されません。

増額率=0.7%×繰り下げ月数

以下に、繰り下げした場合の減額率を60歳から64歳まで1年刻みで示します。

繰り下げ請求年齢 増額率
66歳(0ヵ月) 8.4%
67歳(0ヵ月) 16.8%
68歳(0ヵ月) 25.2%
69歳(0ヵ月) 33.6%
70歳(0ヵ月) 42.0%

※増額率は1ヵ月単位で変わります。

老齢厚生年金の繰り上げ、繰り下げ

老齢厚生年金も老齢基礎年金同様に繰り上げ、繰り下げが請求できます。

繰り下げは得か?

66歳以降に繰り下げて年金を受け取る場合、繰り下げた方が65歳からもらうよりも総受給額が上回ってくる年齢は以下のようになります。

繰り下げ年齢 繰り下げ受給の場合の総受給額が通常受給より多くなる年齢
66歳受給の場合 77歳
67歳受給の場合 78歳
68歳受給の場合 79歳
69歳受給の場合 80歳
70歳受給の場合 81歳

逆に、繰り上げて年金を受け取る場合、 65歳からもらう方が繰り上げるよりも総受給額が上回ってくる年齢は以下のようになります。

繰り上げ年齢 通常受給の総受給額が繰り上げ受給の場合より多くなる年齢
60歳受給の場合 76歳
61歳受給の場合 77歳
62歳受給の場合 78歳
63歳受給の場合 79歳
64歳受給の場合 80歳

従って、概ね78〜79歳を境にして、それまでに亡くなる場合は繰り上げた方が、それ以上長生きする場合は繰り下げた方が、年金の総受給額は多くなります。

ただし、自分が何歳まで生きるかは誰にもわかりませんし、そもそも年金なしでは生活費が足りない状態であれば、繰り下げなどできません。むしろ減額されても繰り上げして早く年金をもらう必要性が出てくるでしょう。

十分に生活費にゆとりがあれば、年金受給開始年齢をどうするかによる損得勘定も必要ですが、それよりも自分の生活状況に応じて何歳から年金をもらうかを判断することが大切です。

※掲載内容は、2014年1月時点の情報に基づくものです。制度変更等により内容が変更となる場合があります。

年金にお悩みの方へのアドバイス

老後の備えは、まず公的保障を正しく知ることです。制度を誤って理解すると、老後の生活設計に支障が出ることも!
ご不安な点があれば、無料のFP紹介サービスを是非ご活用ください。

FP紹介サービスとは?

ライフプランやマネープラン、生命保険等のお悩みを相談したいお客様に、 信頼できるお金のプロ(FP)を無料でご紹介するサービスです。
もちろん、ねんきん定期便の見方などもご説明いたします!

ページの先頭へ