家計&保険マンモスTOP > 保険の選び方 > 統計データから見る保険 > 

みんなが入っている生命保険の額

みんなが入っている生命保険の額

加入している死亡保険金額の平均は1,671万円です。

生命保険の保険金額をいくらにしたらいいのかを考えるときに、実は他人のデータはあまり参考にはなりません。なぜなら、家族の状況が人それぞれ違っていて、残された家族が必要とする金額も違ってくるからです。

ただし、他人の様子が気になってしまうのも事実です。そこで、生命保険に加入している人(世帯主)が、いくらの生命保険(死亡保険)に入っているのかという統計データをご紹介します。あくまでも参考としてご覧ください。

世帯主の死亡保険金額

全体平均 1,671万円
29歳以下 1,579万円
30〜34歳 2,192万円
35〜39歳 2,123万円
40〜44歳 2,417万円
45〜49歳 2,366万円
50〜54歳 2,289万円
55〜59歳 1,906万円
60〜64歳 1,290万円
65〜69歳 850万円
70歳以上 721万円

※財団法人生命保険文化センター 平成24年度「生命保険に関する全国実態調査」より

必要な保険金額は人それぞれなので、このような平均額から何かを言うことはできませんが、もし30歳〜44歳の方で結婚して小さな子供がいる家庭の世帯主の方であれば、2,000万円台前半というのは一般的に保障が不足していることになるでしょう。

死亡保険金額を決める場合には、万一の場合に必要な資金額を正確に知ることが大切です。FPに相談して確認しましょう。

生命保険の必要保障額のシミュレーションはコチラ
ネットで保険診断
ページの先頭へ