保険マンモスTOP > 「あなたの保険を安くする」Q&A > 

実際、何歳でどのくらいの確率で死亡するの?

実際、何歳でどのくらいの確率で死亡するの?

実際、何歳でどのくらいの確率で死亡するの?

厚生労働省発表の簡易生命表で、年齢ごとの死亡率を確認することができます。

平成19年発表の簡易生命表では、60歳までの死亡率は男性が9.2%、女性がもっと低くて4.7%。つまり、60歳時点では、ほとんどの方が生存されており、以降の死亡率が急激に上昇していきます。

死亡保険にしても、入院保険にしても、せっかく高いお金を払って保険に加入するなら、こうした確率も頭に入れて、保険金や入院給付金を受け取れる可能性の高い保険設計の商品を選択したいものですよね。

年齢ごとの死亡率と保険の関係について、もっと詳しく知りたい方はコチラ
保険がわかる統計データ「各年齢までの死亡率」
ページの先頭へ