保険マンモスTOP > 「あなたの保険を安くする」Q&A > 

FPは、どうやって必要保障額を算出しているの?

FPは、どうやって必要保障額を算出しているの?

FPは、どうやって必要保障額を算出しているの?

必要保障額は「残された遺族が、その後、ある程度の生活レベルを維持していくのに必要な金額」と考えれば分かりやすいと思います。

1.夫が生存している場合の、“収入”と“支出”をまずチェックする。(“ライフプラン”作成を作成し、これから人生で何が起こり、いくら必要なのか計画!)

次にそのデータをもとに

2.夫が亡くなった場合の、“収入”と“支出”を計算しグラフ化します。収入でカバーできない部分が、必要保障額ということになります!

ご主人がなくなると給料が途絶えるので、収入は当然激減しますが、使うお金の方(支出)は実は、それほど少なくはできません!したがって、民間の生命保険会社でカバーすべき必要な保障額は、かなりまとまった金額になることが多いのです。

皆さんもキチンとしたFPに、一度依頼してみるのもいいかもしれません!

必要保障額を今すぐシミュレーションしてみたい方はコチラ
カンタン1分!ネットで保険診断
ページの先頭へ