保険マンモスTOP > 「あなたの保険を安くする」Q&A > 

なぜ掛け捨て保険は安く、貯蓄性保険は高いのですか?

なぜ掛け捨て保険は安く、貯蓄性保険は高いのですか?

なぜ掛け捨て保険は安く、貯蓄性保険は高いのですか?

掛け捨ての保険はコストとして預かる保険料のなかに、死亡時や入院時のための保障部分のコストしか含まれません。一方、例えば貯蓄性の高い養老保険の場合、コストのなかに保障部分と生存したときに支払う満期金のコストを含めておかなければならないため、ほかの条件が同じ場合、どうしても保険料は高くなるのです。

一方、例えば貯蓄性の高い養老保険の場合、コストのなかに保障部分と生存したときに支払う満期金のコストを含めておかなければならないため、ほかの条件が同じ場合、どうしても保険料は高くなるのです。

ページの先頭へ