保険マンモスTOP > 「あなたの保険を安くする」Q&A > 

死亡保険と入院保険・がん保険等は、セットで契約してもよい?

死亡保険と入院保険・がん保険等は、セットで契約してもよい?

死亡保険と入院保険・がん保険等は、セットで契約してもよい?

死亡保険と治療目的の保険(入院保険・がん保険等)は、それぞれを主契約として、別々の契約にする方がよいといわれます。

これは、死亡保障は将来不必要になる可能性がありますが、医療保険は一般に年を取れば取るほど必要性が増して、解約を検討することになるケースはまれだろうという理由から来ています。

仮に死亡保障と入院保障を、「主契約+特約」のパターン、つまりセットで契約しているとします。
もう死亡保障はいらない、解約金を使う時期だなと思っても、解約金を得ると(解約すると)特約で付いている大事な医療保険まで解約扱いとなってしまい、非常に不都合なことになります。

そんなとき、死亡保障も入院保険もそれぞれ主契約(別契約)であれば、保険証券自体が別々なので、何の問題もなく、死亡保障の解約金を受け取れるのです。

ページの先頭へ