保険マンモスTOP > 「あなたの保険を安くする」Q&A > 

生命保険が安くなる「三角のマジック」って何?

生命保険が安くなる「三角のマジック」って何?

生命保険が安くなる「三角のマジック」って何?

「三角のマジック」は、“生命保険節約のツボ”として、ぜひ押さえておいてほしい考え方のことです。

「三角のマジック」は、保険でおさえるべき経済的なリスクの中でも、とくに大きな金額になる以下の3つのリスクに対して、生命保険でカバーする場合に威力を発揮します。

  1. 住宅ローンが遺族に残るリスク
  2. 給料が途絶えるリスク
  3. 学費に対するリスク

これら3つの経済的なリスクには、共通する特徴があります。それは、もしご主人が亡くなった場合、これらの経済的リスクには「時間が経つにつれ、少しずつ減少する」ということなのです。

一方、いまの保険は5年、10年という時間の経過をあまり考えて設計されていません。つまり、万が一があったときにおりる保障額は、はじめから終わりまで3500万円のままです。

しかし、実際には残された家族にとって必要となる金額は、時間の経過とともに減少していくはずなので、それに合わせて保険のカタチも右肩下がりの三角形にしましょう!というのが「三角のマジック」の内容なんです。

この「三角のマジック」のノウハウを使えば、使わない人に比べて「保障内容を必要かつ十分な状態にできた」うえで、100万円単位の節約が簡単にできるのです!

あなたの保険がもっと安くなる!三角のマジックについて詳しく知りたい方はコチラ
保険料を安くする秘訣!三角のマジック!
ページの先頭へ