保険マンモスTOP > 「あなたの保険を安くする」Q&A > 

収入保障保険と所得補償保険の違いとは?

収入保障保険と所得補償保険の違いとは?

定期保険を選ぶ場合の注意点とは?

収入保障保険とは、万一の場合に一時金ではなく、毎月決められた金額を遺族が受け取る形式の生命保険のことです。

例えば、お給料が途絶えた場合のリスクをカバーする保険として、一般的な定年年齢である60歳まで毎月15万円が出る保険に加入したとします。

夫が亡くなった場合、その亡くなった年齢から、保険期間の終期(この場合60歳)まで月15万円が保険会社から、遺族に対してまるでお給料のように、保険金が分割で支払われる、という保険なのです。

仕組みが分かりやすいですよね?これは生命保険会社が扱うもので、基本的に被保険者が死亡した場合の話です。受取人は遺族です。

これに対して、損保保険会社が扱う「所得補償保険」は被保険者が生存しているけれども、就業できないというときをカバーするもので、まったく異なる保険です。

収入保障保険を、もっと詳しく知りたい方はコチラ
収入保障保険って使えるらしい!
ページの先頭へ