保険マンモスTOP > 「あなたの保険を安くする」Q&A > 

入院保険は主契約がよい?それとも特約がよい?

入院保険は主契約がよい?それとも特約がよい?

入院保険は主契約がよい?それとも特約がよい?

特約で組み合せた場合、同じ条件なら特約の方が若干保険料が安い場合がありますが、主契約を解約すると特約も消滅します。

これでは、医療特約が消滅すると困るので、解約をすることができないケースが多々あります!

さらに特約契約の場合ほとんどは、保険期間が短く10年か15年で更新していき、最終的にも80才で終了する設計になっています。80歳というと、男性は半分以上、女性は8割近くが生存しており、ますます入院リスクが高まる年齢なのです。

また、離婚する場合など、妻の契約が夫の契約の特約・特則となっている場合、妻の部分(=特約部分)のみを切り離すことが通常できません。妻はその時点の保険年令と健康状態で加入し直す必要があり、条件的に不利になってしまいます。

一方、主契約の場合、条件が同じなら保険料は特約に比べ若干高いケースもありますが、主契約で保険証券を独立して一枚、死亡保険と分離して持つことができ、特約で組み合せた時のようなケースは起こりません。

入院保険が不必要になることは考えにくいですが、死亡保障は不要になることが状況によって十分考えられます。契約をそれぞれ独立させ証券を別々にもっておけば、それぞれまったく自由に扱うことができます!

「医療保険の選び方」について、もっと詳しく知りたい方はコチラ
プロに相談 医療保険はこうしたらいい!
ページの先頭へ