保険マンモスTOP > 「あなたの保険を安くする」Q&A > 

住宅ローンを組んだら、保険は減額できるって本当?

住宅ローンを組んだら、保険は減額できるって本当?

住宅ローンを組んだら、保険は減額できるって本当?

住宅ローンを組んだ場合、ほとんどのケースで団体信用生命保険に加入していると考えられます。

住宅ローン(団体信用生命保険付)を組んで住宅をお買いになった方は、ご主人が万が一亡くなられた場合、ローンの残高については団体信用生命保険から銀行に一括で支払われます。

残債はゼロになるということで、居住の心配からほぼ解放されることになります。賃貸時代に加入していた保険が、「住居リスクを十分加味した設計」になっていたとしたら、住宅を購入したことで、生命保険の保険金額を減額することを検討してもいいでしょう。

ちなみに、銀行の住宅ローンは、ほとんどの場合団体信用生命保険への加入を利用条件としています。そのため、ローンを組んだ時は今までの保険と重複することがないか、確認の必要性は高いと思います。

住宅ローンを組んだ時の保障を詳しく知りたい方はコチラ
住宅ローンを組んだ時の生命保険の選び方
ページの先頭へ