家計&保険マンモスTOP > ライフプランと保険 > ライフスタイル別 保険 選び方 > 

子供が生まれた時 保険 選び方

子供が生まれた時

ライフステージ別 保険の選び方 子供が生まれたらどうすればいいですか?

子供ができると、世帯主の方の責任が大きくなります。子供の将来を考えた保険の選び方が必要です。

子供ができると、食費や被服費をはじめとした生活費が多くかかるようになります。また子供の成長とともに教育費もかかってきます。それだけ、世帯主の方に万が一のことがあった場合の経済的なリスクは大きくなります。
子供の教育プランも含め、今後のライフプランにそった保険を選ぶことが大切です。

保険を選ぶ前のチェックポイント

保険の検討を始めるにあたって、まずは以下の2点についてよく確認しましょう。

今後のライフプラン

これからどのような家庭を築いていきたいか、子供をどう育て、どのような教育を受けさせたいかなど、今後のライフプランについての希望を整理しましょう。

例えば、以下のような予定によって将来の資金プランは大きく変わってきます。

  • お母さんは子育てに専念するのか? 仕事をするのか?
  • 子供の進学プランはどうするのか?(公立?私立?)
  • 今後の住宅の予定はどうするのか?(賃貸?購入?)
  • 趣味やレジャー、自動車購入なども含めて家族でどのような生活をしたいのか?

将来の人生設計について、ご夫婦でできるだけ詳しくイメージを共有することが大切です。
そして予定が整理できたら、何年後にどんなことで、いくらお金が必要になるかということを一覧表にまとめるとよいでしょう。(専門的にはライフイベント表、ライフプラン表などといいます)

加入している保険の内容

既に加入している保険がある場合、まずはその内容をよく確認する必要があります。ご夫婦それぞれについて、以下の保障内容を整理しましょう。

  • 死亡した場合の保障額はいくらか?
  • 病気やけがで入院、手術をした場合の保障はいくらか?
  • 貯蓄タイプの保険(養老保険、個人年金保険など)は、いつまでにいくら貯まるのか?

子供のことを考えると、死亡保障が特に重要となりますので、しっかり確認しましょう。

また、加入している保険が定期付終身保険(更新型)やアカウント型・自由設計型と呼ばれる保険の場合は、これからのライフプランにあった設計になっているかを注意して見直す必要があります。

定期付終身保険やアカウント型保険について詳しくはコチラ

子供が生まれた場合の保障の考え方

子供が生まれたときに、必要となる保障、保険を検討する場合は、以下のポイントにそって優先順位を決めて保険を選ぶことが大切です。

ポイント

  1. 世帯主が死亡した場合に、家族が暮らしていける生活費をまず確保する(死亡保障)
  2. 世帯主が死亡した場合に、子供が独立するまでに必要な教育資金を確保する(死亡保障)
  3. 配偶者の収入に応じた死亡保障を検討する
  4. ご夫婦それぞれで、病気やけがで入院・手術した場合の保障を検討する
  5. 子供の教育資金、マイホーム資金を貯えるための保険(貯蓄)を検討する

子供の将来を考えると、教育資金や住宅資金の準備と、万が一の場合の保障の両方について、しっかりと計画を立てる必要があります。

それでは死亡保障と医療保障に分けて、保険を選ぶ際の考え方をもう少し詳しくみていきましょう。

死亡保障の考え方

万が一、世帯主の方が死亡した場合に、残された家族が生活していくためにいくらのお金(生活費・教育資金など)が必要になるかをおおまかでよいので見積もりましょう。そこから、残された家族の収入(給与、遺族年金など)を差し引いた額が、必要保障金額(=必要な保険金額)となります。

この必要保障額は、家族構成や奥様の就業状況などによって大きく変わってきます。

(例)世帯主が夫で、妻が専業主婦の場合

世帯主である夫が死亡した場合、一家の収入が途絶えてしまうことになります。残された妻と子供の今後の生活費や住居費、教育資金など、非常に多くのお金が必要となります。

なお、住居費については、持ち家か賃貸か、賃貸の場合で妻が実家に帰れるかなどの条件によって大きく変わってきます。また子供の教育資金も、進学プランによって大きく変わります。大学まで全部国公立の場合や全部私立の場合を考慮すると、およそ1,000〜2,400万円という幅があります。

いずれにしても、世帯主の夫には数千万円単位での死亡保障が必須となります。一方、妻の死亡保障についてはお葬式代+アルファとして300〜500万円くらいあればよいでしょう。

夫婦共働きの場合などで、家計を支える妻の収入の割合が多い場合は、妻の死亡保障をその分多くする必要があります。ご自身の家庭の状況にあわせた保険設計が必要です。

結婚後に保険を見直した方であっても、一般的には、子供が生まれると死亡保障の増額が必要となります。

子供が生まれたことによる死亡保障の上乗せの保険としては、三角の保険が適しています。収入保障保険、逓減定期保険などの保険を選ぶとよいでしょう。

必要保障額について詳しくはコチラ

医療保障の考え方

医療保障については、夫、妻ともに独立した保険で加入するようにしましょう。特に子供が小さいうちは、夫婦どちらかが入院してしまうと子供の世話のためにベビーシッターなどが必要となるケースも想定されます。そのような費用負担を考えても、ご夫婦ともに医療保険は必要となります。入院日額1万円程度を目安に、予算に応じて選ぶとよいでしょう。

医療保障の考え方について詳しくはコチラ
医療保険はこうしたらいい

子供の保険はどうすべき?

子供の保険については、子供の死亡保障・医療保障と、いわゆる学資保険(こども保険)の2つに分けて考えるといいでしょう。

死亡保障・医療保障

万が一、子供が死亡したとしても、通常は親が経済的に困るということにはなりません。したがって、一般的には子供の死亡保障の必要性はありません

医療保障についても、小学校までや中学校までの医療費補助のある自治体が多く、必要性はあまり高くありません

なお、死亡保障・医療保障ではありませんが、子供がお友達にけがをさせてしまったり、他人のものを壊してしまった時のことを考えると、個人賠償責任保険に入っておくことをお勧めします。

学資保険

学資保険は、大学の入学にあわせて、100〜300万円程度を積み立てていくのが基本的な使い方です。ただし、最近は高校入学や大学在学中など、進学状況にあわせて分割してお金を受け取れるものが多くなっています。

学資保険には子供の医療保障や死亡保障がつけれられるものもあります。しかし、学資保険の主な目的は教育資金を貯めることです。したがって、学資保険にいろいろと保障をつけることは、あまりお勧めできません。また、親の死亡保障として育英年金がつけられるものもありますが、親に万が一のことがあった場合の保障は、親の保険で備えるのが原則です。親の保険がしっかりしていれば育英年金も特に必要はありません。

ご注意ください

学資保険にいろいろな保障をつけていくと、保険期間中に支払った保険料より、お祝金や満期金などの受取総額の方が少なくなることがあります。保障の必要性については十分に検討した上で判断しましょう。

以上のように、子供が生まれた場合には、保険や資金計画の見直しが必要です。単なる保険の選び方だけの話ではなく、ライフプランをしっかりたてて、ライフイベント表・ライフプラン表なども作成する必要があります。家計や保険の専門家であるファイナンシャルプランナーに相談しみてはいかがでしょうか?

ファイナンシャルプランナーなら、今後のライフプラン作りから家計の節約や資金計画、そして適切な保険の選択までを総合的にアドバイスしてくれますよ。

保険相談について詳しくはコチラ

ページの先頭へ