家計&保険マンモスTOP > ライフプランと保険 > ライフスタイル別 保険 選び方 > 

一人暮らし 保険 選び方

シングルライフの場合

ライフステージ別 保険の選び方 シングルライフの場合でも保険は必要?

まず、自分を守るために医療保険を確保し、特に30代以降の方は、老後資金を意識して貯め始める必要があります。

シングルライフの保険選びの考え方

男性の場合も、女性の場合も、基本的には社会人になられた方の生命保険の選び方でお伝えした考え方の延長線上にあります。

  • 病気やけがの治療を目的とした保険(医療保険・がん保険・三大疾病対策等)をまずおさえる。
  • 死亡した時のお葬式代・お墓代に相当する最低限の死亡保険を確保する。
    結婚の予定がある場合は、結婚後も視野に入れて検討する。
  • 老後資金としての個人年金や貯蓄をスタートする。

ここで注意したいところは、30代以降の方の場合、老後資金を計画的に貯め始める必要があるという点です。

定年が60歳とか65歳とかある程度決まっているので、貯めたい金額が同じ場合、遅れれば遅れるだけ月ごとに貯めなければならない金額が大きくなってくるからです。考えてみれば当然ですよね?

ご注意ください

貯蓄はできるだけ早く始めましよう。スタート時期が遅くなればなるだけ不利になります!

極力早くスタートして貯める習慣づけをするのが、単純な話ですがコツになります。

貯めるための保険や金融商品も、現在は様々なものがあります。年金保険・養老保険・終身保険・一時払い商品。外貨建て商品などなど、最近は本当に多種多様です。

独立系のファイナンシャルプランナーにそれぞれの商品のメリットとデメリットを整理してもらい、スタートできると、本当に効果があると思います。

老後の資金を検討するうえでも、長く付き合え、信頼できるFPがいると、きっと心強いですよ!

FPへの相談について詳しくはこちら

関連するページ

ページの先頭へ