家計&保険マンモスTOP > ライフプランと保険 > 保険 見直し ノウハウ > 保険 見直し ノウハウ アカウント型注意点 > 

保険 見直し ノウハウ アカウント

アカウント(積み立て)部分の設定

お金が積み立てられているはずのアカウント部分に、お金が貯まっていないということもあります。

アカウント型・自由設計型の保険料設定

アカウント型、自由設計型の保険では、支払った保険料は一旦アカウント部分に入り、そこから特約の保険料が支払われるというしくみになっています。

したがって、契約した保障(特約)分に対して十分余裕のある保険料を支払う設定にしていれば、アカウント部分にお金が積み立てられていきます。しかし、保障分ぎりぎりの保険料しか支払っていなければ、すべてが特約の保険料に回ってしまい、アカウント部分にお金は貯まらないということになります。

ご注意ください

アカウント型保険では、アカウント部分にお金が貯まっていく保険料設定になるように、契約時に営業担当に十分に確認する必要があります。

従来型の定期付終身保険では、老後に最低限、終身保険分の保障または終身保険に貯まった解約返戻金分の価値は残っていました。しかし、その後継商品であるアカウント型保険では、最終的に保障(あるいは保険の価値)がほとんど何も残らないという場合もあります。

保険会社によっては、最低限の積立金が残るように、強制的に一定額を積み立てに回す規定を設けているところがあります。親切な保険会社といえるかもしれません。

アカウント部分にきちんとお金が貯まっていく設計かどうかが、とても重要です。十分にご確認ください。

ページの先頭へ