家計&保険マンモスTOP > ライフプランと保険 > 保険 見直し ノウハウ > 保険 見直し ノウハウ 生命保険設計 > 

保険 見直し ノウハウ 保険料安く

保険料を安くしたい方

お悩み別 見直しポイント

趣味に使いたいお金があって、余分な保険料があれば、できるだけ削りたいと思っています。どうしたらよいですか?

保険料を安くしたい場合

保険相談でお客様の保険の見直しをお手伝いしていると、必要以上の保険に加入している方が多くいらっしゃいます。そのような方の場合、保険の見直しにより保険料を大幅に安くすることができます。

もともと自分にあっていない保険だったわけですから、正しい保険の選び方を知り、それを実践するだけで保障を充実させたうえにコストダウンができるのです。

これを機にぜひ保険の見直しをしてみてください。

こんな保険に入っていたらチャンス!

現在加入している保険の保険証券を見てみてください。もし保険の名称または種類が「定期付終身保険」や「アカウント型保険」、「自由設計型保険」であれば、見直しで保険料が安くなる可能性が高いといえます。これらの保険の場合(特に独身者)、死亡保障が過剰になっていることがあるからです。

また、これらの保険は、保障の大部分が定期タイプであるため、将来の保険の更新のたびに保険料がどんどん上がっていくことになります。将来の保険料の節約のためにも早めに見直しましょう。

更新による保険料上昇イメージ

更新ごとに保険料はあがっていきます

定期付終身保険やアカウント型保険について詳しくはコチラ

どうすればよいか

まずは現在の保険が自分にあっているか分析して、よりよい保険に見直すべきです。その際、注意が必要なのは、はじめから保険料を安くすることばかりを考えずに、純粋に自分にあった保険が何であるのかという視点で見直しをしてください。例え保険料が安くなったとしても、必要な保障を削ってしまっていたら本末転倒になってしまいます。

また、保険料については、目先の金額だけでなく、必ず将来の更新や保険料の払込が終了するまでの支払総額なども計算したうえで、検討してください。

そして保険を見直す時は、以下のポイントにしたがって進めるとよいでしょう。

ポイント

  1. 複数の保険会社の商品を扱っている独立系のFPに相談する
  2. 現在の保険について、自分にあっているかをしっかり分析してもらう
  3. 自分にあっている保険設計を提案してもらう

保険の見直しなら、ファイナンシャルプランナーへの相談がお勧めです。今の保険の分析から今後のライフプラン作りや適切な保険提案まで総合的にサポートしてくれますよ。

無料保険相談について詳しくはコチラ

ページの先頭へ