家計&保険マンモスTOP > ライフプランと保険 > 保険 見直し ノウハウ > 保険 見直し ノウハウ 生命保険設計 > 

保険 見直し ノウハウ 更新

保険の更新を迎えた方へ

お悩み別 見直しポイント

加入している保険の更新が近づいてきました。更新すると保険料が上がるようですが、どうしたらよいですか?

保険の更新を迎えた場合

保険の更新は、定期保険や定期タイプの特約の保険期間が終了するときにおこなうもので、ご質問にあるように、更新すると保険料が高くなります。

このような更新のある保険の中には、実は保険期間が終身であった方がよいものも含まれていることが多く、更新の案内が来たときは見直しの絶好のチャンスと言えます。

更新の注意点

保険の更新が近づいた時には、見直しをした方がよいのですが、一方で、加入している保険会社の営業担当は、更新の了解を急いで取り付けようとしたり、「いい商品ができました」とか「『TVCM中の人気の商品』をご案内させてください」などのアプローチを強力にしてくることでしょう。

このような新しい商品の案内というのは、既存の契約からの転換の提案であることが多いのですが、この転換には注意が必要です。

ご注意ください

保険を転換する場合、それまでの保険に貯まっていたお金を新しい保険の定期保障部分の前払い金にして、あたかも転換後の保険の保険料が安いように見せる提案をしていることがあります。必ずしも新しい保険が本当に安いわけではありませんし、貯まっていたお金もなくなってしまいますのでご注意ください。

どうすればよいか

先程も説明したように、更新があるなら保険の見直しをすべきです。もし、更新がせまっていたり、新商品への転換をせかされたりしてもあせってはいけません

もちろん、更新期日までに保険の見直しがでた方がよいですが、もし間に合わなければ、更新してしまって1ヵ月や2ヵ月高くなった保険料を払うことになっても、腰を据えて見直せばよいのです。せっかく見直しが必要だということに気がついのですから、あせって中途半端な保険に入るより、時間をかけて本当に自分にあった保険に入ることを優先しましょう。

そして保険を見直す時は、以下のポイントにしたがって進めるとよいでしょう。

ポイント

  1. 複数の保険会社の商品を扱っている独立系のFPに相談する
  2. 現在の保険について、自分にあっているかをしっかり分析してもらう
  3. 自分にあっている保険設計を提案してもらう

保険の見直しなら、ファイナンシャルプランナーへの相談がお勧めです。今後のライフプラン作りから適切な保険の選択までを総合的にアドバイスしてくれますよ。

無料保険相談について詳しくはコチラ

ページの先頭へ