家計&保険マンモスTOP > ライフプランと保険 > 生命保険会社 選び方 > 

生命保険会社 支払余力(ソルベンシーマージン)

生命保険会社のソルベンシーマージン比率

生命保険会社の経営状態を判断する
指標の1つとして「ソルベンシーマージン比率」があります。

ソルベンシーマージン比率(Solvency Margin Ratio)とは

聞きなれない専門用語ですが、言葉の意味としては

ソルベンシー(Solvency)=負債等に対する支払い能力
マージン(Margin)=(時間・経費等の)余裕・余地

となります。

ソルベンシーマージン比率は、保険業界では広く知られている 保険会社の財務健全性を示す指標です。

簡単に言うと「通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる支払余力をどれだけ有しているか」を判断するための行政監督上の指標のひとつです。

例えば大災害や株の大暴落などといった通常の予測を超えて発生するリスクに対応できるだけの余裕、つまり「支払余力」があるかどうかを判断するための指標なのです。

ソルベンシーマージン比率は、数字が大きいほど支払余力も大きいと判断されます。

行政監督上は、200%を下回ると監督当局によって、早期に経営の健全性の回復を図るための措置がとられます。

生命保険会社のソルベンシーマージン比率の例

ABC生命保険株式会社 674.1%
イロハ生命保険株式会社 2141.0%
○○生命保険相互会社 495.8%
HM生命保険株式会社 686.4%
あいうえ生命保険株式会社 8063.8%
実際の生命保険会社のソルベンシーマージン比率はこちら
保険会社情報(格付け等)

自分の加入している保険会社が行政指導を受けるような事態を避けるためには、そうなる前にもっと早い段階で、他社に切り替える等の対策を取る必要があります。

最低でも、行政指導ラインの200%の2倍である400%以上をクリアしている保険会社をオススメします!!

ご注意ください

ソルベンシーマージン比率は、経営の健全性を示すひとつの重要な指標ですが、この比率だけで経営の健全性のすべてを判断するには十分ではありません。やはり、格付け・企業規模・成長性等、ほかの財務指標とあわせて総合的に判断することが重要です。また、複数の保険会社で保険プランを作ることもリスクの「分散」になります。

だから!”保険会社選び”に迷ったら!保険のプロであるFPに相談して、アドバイスしてもらうのも良いかもしれません。

ページの先頭へ