トップページ > プロが教える、保険選びの基本ポイント

プロが教える、保険選びの基本ポイント

保険を選び始める前に、
ぜひ確認しておきたい
3つの基本ポイントとは?

保険を比較する前に

現在は、保険もいろいろな保険会社の商品を比較して入る時代です。インターネットを利用すれば、複数の保険を一括で資料請求できたり、保険料を比べたりすることもできます。

しかし、多くの保険を比べれば比べる程どれがいいかわからなくなったり、知らないうちに過剰に保障をつけてしまっていたりするケースを見かけます。

そんな失敗をしないための
保険選びの基本ポイントを
ご紹介します!

保険選びの失敗を防ぐ3つのポイント

保険を選ぶときに、どれにすればよいか、どんな保障をつければよいかがわからなくなる場合は、自分に必要な保険が明確になっていなかったり、検討しているうちに目移りしてあまり必要でない保障までほしくなってしまったりしていることが多いようです。

そうならないためには、まずは自分に必要な保険がどんな保険かをはっきりさせておくことが重要です。必要な保険を明確にするために以下の3つのポイントを決めておきましょう。

1)保険種類を決める
2)保険金額(保障額)を決める
3)保険期間を決める

1 保険種類を決める

ここでいう保険種類とは、生命保険(終身、定期、収入保障など)、医療保険、がん保険、個人年金保険などのことです。

考え方としては、 「誰かが亡くなったときのため」とか、「病気になったときのため」とか、何に備えたいのかをはっきりさせると、そのために必要な保険の種類が決まってきます。

2 保険金額(保障額)を決める

万が一の時にいくらのお金があれば良いか? そのポイントがはっきりすると、加入すべき保険の保険金や給付金をいくらにすればよいかが決まってきます。
もちろん金額が大きい方が何かと助かりますが、その分保険料も高くなりますので、過不足のないようにご注意ください。

生命保険の保険金

生命保険の場合の保険金は、必要保障額という金額に設定するのが基本です。
この必要保障額とは、残された家族が生活していく上で足りない金額のことで、遺族の今後の支出から今後の収入や現在の資産を差し引いた金額となります。

医療保険の給付金

医療保険の場合の給付金は、病気やけがで入院したときに1日あたりいくらの医療費を自己負担するかに基づいて設定します。

ちなみに、財団法人生命保険文化センターの平成25年度「生活保障に関する調査」によると、入院一日あたりの自己負担費用の平均は20,990円となっています。

3 保険期間を決める

保険期間には、大きく分けて終身と定期があります。終身は一生涯保険が続き、定期は1年、5年、10年などや60歳までなどの決まった期間となります。

いつまでその保障が必要であるのかを考えて、その期間にあわせた保険期間にすることが大切です。

まとめ

保険を選ぶ際に基準となる上記3つのポイントをはっきりさせたら、あとはそのポイントがブレないように注意して保険商品を選べば、大きな失敗を防ぐことができます。ぜひこの選び方を実践してみてください。

ただし、必要保障額の算出やいつまで保険が必要かなどは専門的な知識が必要なことも事実です。事前に保険マンモスサイトで保険の基本を学んだり、家計や保険についての専門家であるファイナンシャルプランナーへの相談なども検討してみてはいかがでしょうか?

保険マンモスでも、無料で安心の保険相談サービスを行っています。もしご興味がありましたらご検討ください。

コチラもご参照ください!

ページTOPへ戻る