トップページ > イベント別・保険の選び方 > 社会人になったときの保険の選び方

社会人になったときの保険の選び方

新社会人になったら
自分に保険が必要なのか
考えてみましょう。

まず保険選びの前に

親が契約したものを含めて既に何かの保険に加入している場合は、自分に本当にあった保険なのか見直すことが必要です。まずは、その保障内容をしっかり把握しましょう。

例えばこんなコト

・死亡した場合の保障額はいくらか?
・入院、手術をした場合の保障はいくらか?
・貯蓄タイプの保険の場合は、いつまでにいくら貯まるか?

新社会人の場合は、保障が過剰となっていることが多いので、しっかり現状を確認しましょう。
特に、定期付終身保険(更新型)やアカウント型・自由設計型の保険の場合は要チェックです

新社会人の保険の考え方(優先順位)

新社会人が保険に入ったり見直したりする場合は、以下の流れで保険を検討していきます。

1.病気やけがで入院・手術をしたときに備える保険をまず確保(医療保険、がん保険など)
2.死亡した場合のお葬式代・お墓代に備える生命保険を検討
3.個人年金など将来に向けた貯蓄を早めに計画

医療保障の考え方

病気やけがはいつやってくるかわかりません。また一度病気になってしまうと、その後保険に入りにくくなってしまいます。医療保険には、若くて保険料の安いうちに終身タイプのものに入っておくとよいでしょう。

まず入院日額5千円~1万円を目安に考えてみてください。

一般の医療保険だけでなく、がん保険や女性であれば女性保険などもあります。それらも選択肢に含めて選ぶとよいでしょう。

病気をしたときの費用も、
自分で準備するように
心がけましょう。

死亡保障の考え方

親がまだ現役世代であれば家族の生活を支えているわけではありませんので、大きな死亡保障は必要ありません。ただし、親や兄弟などを扶養している場合は保障が必要です。

(例1)独身で扶養家族なし

いわゆる死後の整理資金(お葬式代・お墓代)分の死亡保障として300万円程度の終身保険に加入するとよいでしょう。

(例2)独身であるが親を扶養

死亡した場合に、親がその後も生活していけるお金を残す必要があります。死後の整理資金となる終身保険に加えて、親の生活費を残せるように定期保険や収入保障保険で備えましょう。

そのほか、結婚の予定が決まっている場合は結婚後を想定して保険を選んだ方が良いでしょう。

貯蓄タイプの保険

今は、自分のお金は自分で自由に使いたいかもしれません。しかし、将来の必要資金などへの備えは、できるだけ早く始めた方がメリットがあります。結婚資金や住宅取得資金、老後の生活資金の準備を少しずつでよいので始めましょう。

銀行などの積立預金でもよいですし、個人年金保険や終身保険(貯蓄目的)で備えてもよいでしょう。

まとめ

若いうちは、あまり先のことまでは考えられないかもしれません。しかし国の社会保障制度もいつまで手厚い保障を続けてもらえるか不透明な時代です。人生設計や将来の資金計画も少しずつ考えておきましょう。

ファイナンシャル・プランナー
なら、今後のライフプランや
資金計画について総合的に
アドバイスしてくれますよ。

コチラもご参照ください!

ページTOPへ戻る