トップページ > イベント別・保険の選び方 > 女性保険の選び方

女性保険の選び方

女性のための保険とは?

女性保険とは

各保険会社から販売されている「女性のための保険」いわゆる女性保険は、女性特有の病気等で入院した場合に入院給付金が上乗せされるなど、保障が手厚くなる医療保険です。

女性特有の病気の例

乳がん、子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜症、乳房の障害、子宮外妊娠、前期破水など

例えば、基本の入院日額が5,000円の保険であれば、虫垂炎の入院ならば入院日額5,000円、子宮筋腫の入院ならば入院日額10,000円のように女性疾病の場合に保障額が増額されます。

ボーナスが出る商品も

また最近は少なくなりましたが、女性保険の中には、何年かに一度ボーナス(生存給付金)が受け取れるものがあります。

お得な感じですが、たいていはボーナス分の保険料をあらかじめ支払っていて、後から受け取っているのが実情です。

ボーナスの有無については、
こだわる必要はありません。

女性保険はお得か?

女性特有の病気の保障が手厚いことは、女性にとってはうれしいことです。しかし、本当に良い保険なのかは冷静に判断しなければなりません。

なぜなら、一般の医療保険でも女性疾病はちゃんと保障されるからです。そして、女性保険は女性疾病の保障が厚い分、保険料も少し割高になっているはずだからです。

女性保険の費用対効果を
しっかり判断しましょう。

一般の医療保険と比べよう!

加入を検討している女性保険があったら、同じ会社の一般の医療保険と基本保障(基本の入院給付金、手術給付金)を同じにして、保険料を比較してみましょう。

この保険料の差が小さくて、しかも女性疾病の保障が手厚いなら、その女性保険はお得感がある商品といえます!

女性保険の選び方

まずは候補となる保険を絞り込みましょう。

絞り込みポイント

・ベースとなる基本保障(医療)が充実しているか?
・自分が必要とする女性疾病に対応しているか?

上記ポイントを絞り込んだら、その他の保障についても比較しましょう。最近は女性特有の病気だけでなく、がん全般の保障も上乗せされた商品などがあります。

まとめ

女性特有の病気や女性ならではのライフスタイルを考慮して、自分にとってメリットのある商品であるかどうかを判断して保険を選びましょう。

一般の医療保険との詳しい
違いやメリットについては、
保険に詳しいFPに相談して
みるとよりよいでしょう。

コチラもご参照ください!

ページTOPへ戻る