トップページ > イベント別・保険の選び方 > 住宅ローンを組んだ時の保険の選び方

住宅ローンを組んだ時の
保険の選び方

住宅ローンを組んだとき
は、既存の生命保険を節約
できるかもしれません。

住宅ローンを抱えて死亡してしまったら・・・

住宅ローンで家を買った
のですが、もしものことが
あったらローンはどうなる
のでしょうか?

金融機関で「住宅ローン」を組んだ場合、通常あわせて「団体信用生命保険」にも加入しています。
万一の場合は、この「団体信用生命保険」から残ったローンが返済されます。これにより以後のローン返済はなくなり、ご遺族は住居の心配から解放されます。

これなら安心ですよね。
が、ちょっと待ってください。

住宅ローンを組む前に「賃貸住宅」に住んでいて、かつ生命保険に加入していた方は、万一の場合の『以後の住宅費用』を考えた設計になっているかもしれません。だとしたら、その分の保障は不要になります。

つまり、こんな感じで保険料を節約できます!

住宅ローンを組むと、団体信用生命に加入する

万一の場合の住宅費の心配がなくなる

住宅費分にあたる生命保険金額を減額できる

保険料が安くなる

保険料節約だけにとどまらない効果!

住宅ローンを組んで保険を見直した場合の効果は、単に保険料が安くなるというだけではありません。それにプラスして以下のようなメリットがあります。

保険料が安くなった分のお金で

・住宅ローンの繰上返済の資金に充てる → 金利の節約にもなる!
・長期療養で返済できなくなるリスクに備えて、長期所得補償保険等に加入する
・子供の教育資金や老後資金などを積み立てる

単なる節約だけでなく、
その分を別なところに使えて
生活がより豊かになります。

団体信用生命について

団体信用生命保険(団信)とは

住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人の代わりに住宅ローン残高を支払う保険です。

金融機関が、ローン利用者をまとめて生命保険会社に申し込むので、掛け金が安く、また加入年齢による条件の差もないメリットの多い保険です。

民間の住宅ローンの場合、たいていは保険料がローン金利に含まれているので、自分が団体信用生命保険に加入していることを意識していないケースがあります。

住宅ローンを組んでいたら、おそらく団体信用生命保険に加入しているはずです。

ちなみに住宅支援機構のフラット35を利用するときに入ることができる団体信用生命は、ローン利用者の約9割が加入しているそうです。

まとめ

このように住宅ローンを組むときは、生命保険が節約できるだけでなく、その後の資金計画を改善できる絶好のチャンスです。住宅購入は大変だと思いますが、それだけではなく、ぜひマネープランの見直しも一緒に行うようにしましょう。

住宅ローンを組む時から、
ファイナンシャル・プランナー
に相談すれば、返済計画も
含めてアドバイスして
もらえます。

コチラもご参照ください!

ページTOPへ戻る