トップページ > イベント別・保険の選び方 > 結婚した時の保険の選び方

結婚した時の保険の選び方

独身時代と違い、
家族の生活を守る
という視点で保険を
選びましょう。

まず保険選びの前に

保険選びの前に、まずは自分のライフスタイルをチェックしましょう。
最近は家族形態や結婚後のライフスタイルが多様化して、必要な保障も各家庭により違ってきています。まずは将来設計について、ご夫婦で大まかなイメージを共有しましょう。

例えばこんなコト

・奥様は家庭に入るのか?仕事をするのか?
・ご両親と同居するのか?
・子供の予定はどうするのか?

結婚した場合の保険の考え方(優先順位)

ライフスタイルや今後のライフプランについてイメージできたら、以下の流れで保険を検討していきます。

1)世帯主が死亡した場合に、家族の生活を守る死亡保障をまず確保

2)世帯主が病気やけがをした場合の医療費に備える保険(医療保険、がん保険、三大疾病保障)を検討

3)配偶者の保険について、死亡保障、医療保障の両面をチェック

4)子供や他の家族のための保険のチェック&貯蓄(教育資金、マイホーム資金等)をスタート

死亡保障の考え方

死亡保障は、万一死亡した場合に残された家族が生活していくために必要な金額(生活資金・教育資金など)と残された家族の収入(給与、遺族年金など)を計算して、最終的に必要な保障額を保険金額に設定します。

この必要保障額は、家族構成や奥様の就業の有無などによって変わってきます。

(例1)ご夫婦共働き(夫婦別家計)で子供なし

ご夫婦のどちらかが亡くなられても、残された配偶者が経済的に困ることはないでしょう。
つまり、死亡保障はあまり必要がなく、死後の整理資金(お葬式代、お墓代など)として、300~500万円くらいの保険があれば十分でしょう。

(例2)妻が専業主婦で子供(未就学)あり

万一夫が亡くなると、一家の収入が途絶えてしまいます。小さい子供を抱えた妻が働くことは難しく、今後の生活費、子供の教育資金など、非常に多くのお金が必要となります。つまり、数千万円単位での死亡保障が必須となります。

医療保障の考え方

医療保障は、ご夫婦ともに必要です。入院日額1万円程度を目安に、予算に応じてご検討ください。

また、治療費が高額ながんへの保障も用意しておくと良いでしょう。その他、生活習慣病や女性特有の病気へのリスクが気になる場合は、それらの保障も含めて検討しましょう。

医療保険は家族特約ではなく、
ご夫婦それぞれが独立した
保険に入りましょう。

子供の予定について

数年後に子供が欲しいと
思っていますが、その場合、
保険はどう考えたらいいですか?

そのような場合には、次の2つの考え方があります。

1子供が生まれた時に、死亡保障を上乗せする

実際の必要性に応じて保険に加入する考え方です。無駄がなく効率的ですが、もしそれまでの間に健康を害してしまうと、保険に入りにくくなるリスクもあります。

2今のうちに、子供が生まれることを前提にした保険に加入する

前もって子供の分の保障も用意しておくという考え方です。比較的良い条件で保険に加入できますが、もし、なかなか子供ができないとか、将来、気が変わって子供を作らないということになった場合、多めの保険料を支払うことになってしまいます。

まとめ

前章の子供の予定のように、保険の加入にあたっては、ライフプラン設計が必要であったり、必要保障額を計算する際に遺族年金や死亡退職金の考慮が必要であったりと、専門的な知識と判断が求められます。

ライフプランの設計も含めて、
家計や保険のプロである
ファイナンシャル・プランナーに
相談してみるとよいでしょう。

コチラもご参照ください!

ページTOPへ戻る