トップページ > マンモス流保険見直し術 > 売れているけど実は「?」な保険

売れているけど実は「?」な保険

マスコミにも
取上げられたこんな
保険の疑問点

徹底解説!

定期付終身保険の見直しポイント

いわゆる「定期付終身」、大手生保の主力商品として、様々な愛称に名を変えて発売されてきました

60歳後の死亡率はなんと!90%

この保険に加入し続けた場合、
遺族の90%は200万円の
保険金しか
受け取れません

お金と保険のプロが指摘するポイントは、
ズバリ!!

「定期付終身の問題」
3つのポイント

あなたの保険を確認してみましょう。

もう少し詳しく見てみます!

終身保険と定期保険の組み合わせということ?

・・・なのですが、実際は終身保険の部分が少なく、どちらかといえば、終身付定期保険という感じです

保険金額は両方あわせて 5,000万円になる

5,000万円の死亡保障が
ずっと続くもの
思ってたわ!

支払保険料と解約返戻金の関係は?

上の例(死亡保障5000万円)で計算すると、

年齢 保険料 解約返戻金 貯まる率
31 ¥194,364 ¥0 0%
35 ¥971,820 ¥216,000 22%
40 ¥1,943,640 ¥525,000 27%
45 ¥3,339,540 ¥822,000 25%
50 ¥4,735,440 ¥1,143,000 24%
55 ¥7,239,000 ¥1,485,000 21%
60 ¥9,742,560 ¥1,851,000 19%
65 ¥14,053,380 ¥2,247,000 たったの16%

35年間の平均保険料は33,460円となり、、、

かけ捨てる保険料は、
1000万円以上!

かけ捨てる保険料は なんと 11,806,380円。但し、更新時に保障額を下げることも可能なので、これは、5,000万円の死亡保障額を維持した場合である

こんなにかけ捨ての
割合が多い
なんて、
知らなかった!

これが、売れているけど
実は「?」な保険
なのです。

現在の大手の主力商品、「アカウント型」「自由設計型」にも注意!!

「定期付終身」の後継商品として、大手生保の主力商品となっています。

大手の
生命保険会社
だから、安心してた。。。

内容は
「定期付終身」
後継商品です!

一度、ご自身の保険をチェックすることをオススメします!

コチラもご参照ください!

よくあるご質問(Q&A)

一覧へ

ページTOPへ戻る