家計&保険マンモスTOP > 生命保険用語ガイド > 

障害共済年金

障害共済年金とは?

障害共済年金

読み:しょうがいきょうさいねんきん

障害共済年金とは、公務員が加入する共済年金の給付で、共済組合に加入している人が在職中の病気やけがで障害になったとき受けられる年金のことです。

1級・2級の場合は、障害基礎年金と障害共済年金が、さらに程度の軽い障害の場合は3級の障害共済年金だけが受けられます。

なお、共済年金は平成27年10月より厚生年金に一元化されました

※2015年10月1日現在

頭文字から探す

ジャンルから探す

用語ガイドのトップ

※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期すよう努めておりますが、当社は利用者が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。

※当サイトに掲載されている文章等は著作権法により保護されています。権利者の許可無く第三者に譲渡、販売、コピー等することは禁じられています。また、当サイトの情報を利用して損害等が発生した場合、直接的・間接的あるいは損害の程度によらず、保険マンモス株式会社は一切の責任を負いません。

ページの先頭へ